(財)日独協会 事務局Blog





Die 68er-Bewegung und 50 Jahre später 68年運動と50年後 :: 2018/02/16(Fri)

20180206Sprachcafe.jpg

Das Thema des Februar Sprachcafes war die so genannte 68er-Bewegung und ihr Einfluss
auf die Gegenwart. Nach einem Blick auf Deutschland schauten wir vergleichend nach Japan.
Es ließen sich einige Parallelen zwischen den Studentenbewegungen der 60er und 70er
Jahre finden. Das Jahr 1968 liegt mittlerweile 50 Jahre zurück, doch die meisten der zehn
Teilnehmer waren sich einig, auch wenn viele der damals formulierten Ziele nicht erreicht
wurden, die in den 60er Jahren geborene Bewegung hat einen wichtigen Beitrag zu unserer
heutigen Gesellschaft geleistet. Was mich persönlich in der Diskussion am meisten
überrascht hat war, dass das deutsche Wort „Gewalt“ in dieser Zeit ins Japanische
übernommen wurde und in Form von „Gewaltstudent“ zur Anwendung kam. (Miriam)

2月のSprachcafeのテーマは「68年運動」、またこれの現在に及ぼす影響です。
60時代70時代ドイツであった事を紹介した後、ドイツと日本の大学生運動を比べました。
似ているところがけっこうありました。68年はもう今から50年前のことですが、10人の
参加者の意見は、「色々な点で目標達成はできなかったけれども、現在の社会にとって大事な
運動でした」という事でほぼ同じでした。今回の議論で一番驚いたのは、もともとドイツ語の
「ゲバルト」という言葉は、例えば「ゲバ棒」や「内ゲバ」として、その時に日本語でも
使われるようになりました。(ミリアム)
スポンサーサイト
  1. シュプラッハカフェ

自分を表現する :: 2018/02/05(Mon)

20180126 SK


2月のSprachkneipeでは「自分を表現する」ための必要な単語を学びました。
自分の気持ちや気分を表す表現、例えば、悲しいやお腹すいた、いらいらする、
嬉しいなどを覚えるためにゼスチャーゲームをやりました。17人の参加者は
意外と恥ずかしくなく、上手くできました。
この後、自分の意見を言うことがテーマになって、ハリーポッターやジャズ、
野球、原発などについて話しました。最後にドイツの「Ich packe meinen Koffer」に
似た覚えるゲームをやった後は、皆さんの顔が疲れたように見えましたが、
面白かったでしょう?(笑) 是非、今月もご参加ください。(ミリアム)
  1. シュプラッハクナイペ

日本はうざい!ドイツも Japan nervt! Deutschland auch :: 2018/01/29(Mon)

20180118Spachcafe.jpg


「日本はうざい!ドイツも。」と題した1月のSprachcafeで、
日独交流であまりテーマにされない、ドイツと日本での
気にさわることについて話しました。意外と皆の意見は多くの点で
同じでした。ドイツでは、優しくないサービススタッフや杓子定規な対応、
一番騒いだ人が欲しいものを手に入れて、それをしない人が
無視されているという事実、また、(外の)お手洗いや、
お水のような生活必需品にかかる支出が気にさわるらしいです。
それに対して、日本では曖昧さ、建前と本音の二つの顔、批判的思考の欠如、
また、労働時間が話題となりました。
もしドイツと日本を一つにしたら、お互いをとても良く補い合って、
本当に素晴らしい組み合わせだと思います。

Im Januar Sprachcafe mit dem Titel „Japan nervt! Deutschland auch.“
Diskutierten wir mal über die nervigen Seiten Deutschlands und
Japans, die im kulturellen Austausch, so waren sich die meisten einig,
oft zu kurz kommen. Erstaunlicherweise waren wir uns in vielen
Punkten einig. In Deutschland nerven sowohl die unfreundlichen
Servicekräfte als auch die Bürokratie, die Tatsache, dass
wer am lautesten schreit bekommt was er will und wer dies nicht tut wird
übergangen und die Kosten, die überlebenswichtige Dinge wie
ein Toilettengang oder ein Glas Wasser mit sich bringen. Bezüglich Japan
dagegen kamen die Uneindeutigkeit, sowie die zwei Gesichter der Japaner,
mangelndes kritisches Denken und die Arbeitszeiten zur Sprache.
Nach eineinhalb Stunden angeregter Diskussion dachte ich wie schon so
oft, würde man Deutschland und Japan vereinen, sie könnten sich
sehr gut ausgleichen und etwas wirklich großartiges zustande kommen.
  1. シュプラッハカフェ

クリスマスクナイペ :: 2018/01/22(Mon)

201812181.jpg

クリスマスはドイツで一番大事なお祭りですので、ドイツに興味ある人は
ドイツのクリスマスを知るべきだと思います。というわけで、12月は
クリスマスクナイペとなりました。13人の参加者とドイツのクリスマスについて
学びながら、クリスマスに必要な単語を勉強しました。例えば、ドイツの
美味しいクリスマスケーキやクッキーの名前、アドヴェントや
クリスマスイブについての言葉です。次いで、ドイツでとても有名で、
毎年のようにクリスマスに読む、キリスト生誕についての物語を紹介し、
それから参加者が登場人物になって、それぞれの台詞を読みました。
ドイツ人にとっても、難しいドイツ語なのに、皆さんは、よく頑張ったと思います。
お疲れ様でした!

201812182.jpg
  1. シュプラッハクナイペ

アドヴェンツクランツ作り Adventskranz-Workshop :: 2018/01/15(Mon)

20171126Adventskranzbinden1.jpg

アドヴェント前、ドイツ人は何をやるでしょうか?
アドヴェンツクランツを作ります。
まー、作らない場合もあります。人によっては自分で作らないで
買ったりしますが、ぜったい家にはあります。
11月26日に日独協会でアドヴェンツクランツを自分で作る体験ができました。
まきのゆき先生とふたりのアシスタントさん達の素晴らしい指導のおかげで、
私のような工作があまり得意じゃない人でも、とても素敵な
アドヴェンツクランツを作ることができました。
最初、ワイヤーを使って、四つの蝋燭とモミの実やシナモン、
スター・アニスなどのようなクリスマスらしい飾りをリースの上に据えました。
次に、青いモミの枝をバランス良くリースに飾っていき、蝋燭にリボンを付けました。
私にとって、モミの枝を飾ることが一番大変でしたが、参加者との面白い
会話のおかげで最後までモチベーションを保つことができました。
できた物を見たら「すごい、これ自分で作ったのか」と思ってしまいました。
頑張った甲斐がありました。
今年の11月にもアドヴェンツクランツ作りをできたらいいなと思います。
そうしたら、是非ご参加ください。

20171126Adventskranzbinden2.jpg

Was machen die Deutschen vor dem Adventsbeginn?
Sie basteln Adventskränze!
Das stimmt nicht ganz. Viele kaufen auch nur einen,
aber er darf in der Adventszeit nicht fehlen. Wir haben es
dieses Jahr getan, wir haben am 26. November 2017
Adventskränze selbst gebastelt.
Unter der ausgezeichneten Anleitung von Frau Makino und
ihren Assistentinnen, schafften sogar die untalentierten Bastler
unter uns, mich eingeschlossen, ein Ergebnis das sich sehen lassen konnte.
Wir begannen mit den vier Kerzen, die wir mit Draht auf einem Kranz
aus Ästen befestigten, gefolgt von weihnachtlicher Dekoration wie
Tannenzapfen, Zimt und Sternanis. Im Anschluss folgte das gleichmäßige
verteilen von grünen Tannenzweigen über den gesamten Kranz und
abschließend das Anstecken von Schleifen an den Fuß jeder Kerze.
Mich persönlich hat das Anstecken der Zweige am meisten geschafft,
doch dank meiner wunderbaren Mitstreiterinnen die mich mit Gesprächen
und Scherzen zum Lachen brachten, verlor ich bis zum Ende nicht die
Motivation und als der fertige Kranz schließlich vor mir lag dachte ich
„Wow, das hab ich gemacht?“. Die Anstrengungen haben sich gelohnt.
Auch dieses Jahr planen wir im November ein gemeinsames Adventskranz-Basteln.
Lassen Sie es sich nicht entgehen!

20171126Adventskranzbinden3.jpg
  1. 日本の中のドイツ
次のページ