(財)日独協会 事務局Blog





なぜ東京で自転車を買わないか :: 2017/10/11(Wed)

ドイツは自転車が大人気です。仕事、学校、スーパーや友だちの家に行く時自転車に乗る人が多いです。また、これで満足できない人は週末に自転車でツーリングをします。私は今日本ですが、すごく自転車が欲しいと思っていました。お金があまりないのでフリーマーケットで買いたかったですが、ここで最初の問題が起こりました。家の近くにフリーマーケットがないです。ドイツと違って日本では折り畳み以外の自転車を持って電車に乗れないから、移動するのにすごく時間がかかってしまいます。それ以外にも、ドイツと比べたら自転車道が少ないし、混んでいる東京で歩道か車道を走るのは危なそうです。問題第3は日本の駐輪場はお金がかかります。ドイツではいつもお金を払わずに適当においておけますが、日本で安い自転車を買っても駐輪場代で貧乏になりそうです。この理由でとりあえず買わないことにしましたけど、安く自転車を譲ってくださる方がいれば是非コメントください。 (ミリアム、日独協会の研修生)

pink-2604123_640.jpg
スポンサーサイト
  1. 日本について

最高な体育の日と温泉のお姫様 :: 2017/10/10(Tue)

体育の日に体を動かしたいと思ったので、スペイン人の友達と青梅市に行きました。久しぶりに人が少ないところで景色を見ながら長い散歩をしました。最後に小澤酒造で色々な日本酒を飲んでみました。こんなに美味しい日本酒を飲むのは初めてでした。「蒼天生酒」と「ゆずほ」という日本酒は私のナンバーワンです。歩いて、飲んでから温泉に入って、さすが日本だと思いました。お風呂のベンチで少し休んでいたら、となりに座っていたお母さんに英語で「どこからですか?私の娘が二人はお姫様のように綺麗だと言っています。」と言われました。そういうことを言ってもらえるのは嬉しいですが、温泉で?裸で、顔が赤くて、化粧も落ちている状態でと恥ずかしい気持ちのほうが大きかったです。ゾンビみたいという表現の方がその時の自分たちに合っていたと思います。 (ミリアム、日独協会の研修生)

oumemiri.jpg
  1. 日本について

ドイツで働いてみませんか :: 2017/10/06(Fri)

ドイツはアメリカより日本の会社文化と似ていますが、実力主義の会社で働きたい人やワークライフバランスを大事にする人にとってはドイツの方が良さそうです。
10月4日、 DJWのCareer Forumで外国人がドイツで就活する上で、意外なことがわかりました。まず、ドイツ語は必要ではありません。英語を話せれば十分です。また、興味がある人はLinkedIn やXing のようなSNSを登録したほうがいいらしいです。そいうSNSを募集に使う会社が最近増えてきましたから。更にドイツでは日本のように、熟練労働者が足りないので、いい仕事を見つけるチャンスが高いみたいです。
ドイツで仕事を見つけるための便利なリンク:http://www.djw.de/ja/jobboerse.html
ドイツでインターンを見つけるための便利なリンク:https://www.kopra.org/?&lang_id=2

Blog20171006.jpg
  1. その他イベント

新しいスタフ。Neuer Staff. :: 2017/10/02(Mon)

初めまして、ミリと申します。これから半年、日独協会でインターンシップをやります。
出身はドルトムントです。 美味しいビールとボルシアドルトムントというサッカーチームで有名な町です。ずっとドルトムントに住んでいて、19歳の時に一年間日本でワーキング・ホリデーをしました。北海道のファームで頑張った後、デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学でメディアと文化学を学びました。それから留学生としてまた日本に戻りまして、フェリス女学院大学で勉強しました。そして今、三回めの日本です。なぜかと言うと私はもう温泉と納豆がないと生きていけないからです。その他に好きなことは旅をすること、リラックスのためにヨガをすること、カピバラを見ることです.
これからの半年を楽しみにしています。皆さんよろしくお願いします。

Miriam 01

Ich bin Miri, und ab diesem Monat Praktikantin bei der Japanisch-Deutschen
Gesellschaft. Ursprünglich komme ich aus Dortmund, einer Stadt bekannt
für ihr leckeres Bier und sein Fußballteam Borussia Dortmund. Nach 19
Jahren in Dortmund verbrachte ich ein working holiday Jahr in Japan, wo ich
beispielsweise auf einer Farm bei der Arbeit half und begann im Anschluss das
Studium der Medien- und Kulturwissenschaft an der Heinrich-Heine Universit&aum;t
Düsseldorf. Als Austauschstudentin kehrte ich hierher zurück, diesmal war
es keine Farm sondern die Ferris Frauenuniversität in Yokohama. Warum ich
nun zum dritten Mal hier bin? Ich habe gemerkt, dass ich auf Onsen und Natto nicht
verzichten kann.
Meine absolute Leidenschaft ist Reisen, Wasserschweinen zuzuschauen hebt zu
99,9% meine Laune und beim Yoga kann ich mich entspannen.
Ich freue mich auf spannende sechs Monate und hoffe viele unserer Mitglieder im Laufe
der Zeit kennen zu lernen.

Miriam02.jpg

  1. 自己紹介
  2. | comment:0

9月のシュプラッハカフェのリポートBericht Sprachcafe (September) :: 2017/09/29(Fri)

Das Thema des Sprachcafes war diesmal „Heute hier, morgen dort. Der Traum vom Leben im Ausland“
今回のテーマは「今日はここ、明日はあそこ:海外で暮らす夢」でした。

Bei diesem Thema hatten die Teilnehmer eine Menge zu erzählen. Denn die meisten von
ihnen waren selbst lange im Ausland gewesen und hatten so viele Erfahrungen aus erster
Hand. Es wurden interessanten Lebensgeschichten erzählt, wobei einige der Teilnehmer weit herumkamen. Laos, USA, Deutschland, Schweiz, Frankreich und England. Um nur einige ihrer Stationen zu nennen. Die längste Zeit war ein Teilnehmer mit 20 Jahren im Ausland gewesen.
長く外国に住んで、働き、いろんな体験をしたので、そのテーマについて参加者は沢山話すことがありました。面白いストーリーを聞かせていただきました。いろんな国へ行った参加者がいました。例えば、ラオ、アメリカ、ドイツ、スイス、フランス、イギリスなどです。ある参加者が一番長く外国で暮らしたのは20年でした。

Und sah man den Teilnehmern an, dass ihr bewegtes Leben sie im Geiste jung gehalten hat und sie bis heute ihre Offenheit und Neugier gegenüber anderen Kulturen und neuen
Eindrücken nicht verloren haben.
参加者の冒険的な人生が彼らの精神を若くしており、彼らが、今も他の文化や新しい経験に対してオープンで好奇心に満ちていることが、よくわかりました。
  1. シュプラッハカフェ
次のページ