(財)日独協会 事務局Blog





ドイツの今どき食生活 :: 2016/02/01(Mon)

1月29日に「ドイツの今どき食生活」というイベントを開催しました。
昔の食生活はどんな感じだったのでしょうか、今どう変わってきた
のでしょうか、色々なテーマについて語りました。イベントの中心は
「ベジタリアン」と「ビーガン」でした。皆さんはその言葉を聞いたこと
がありますか。一緒にイベントの準備をしたSadjadさんはベジタリアンで、
参加者の様々な質問に答えました。Sadjadさん、どうもありがとうございました。
一緒にこのイベントをやるのはとても楽しかったです。^_^

DSC04385.jpg

Am 29. Januar hat bei uns ein Event zu den verschiedenen Ernährungsweisen
in Deutschland stattgefunden. „Wie haben sich die Deutschen wohl früher ernährt?“,
„Wie hat sich die Ernährungsweise bis heute verändert?“, über viele Themen haben
wir gesprochen. Mittelpunkt der Veranstaltung waren „Vegetarier“ und „Veganer.“
Kennt Ihr alle diese Bezeichnungen? Ich hatte dieses Mal die Möglichkeit zusammen
mit Sadjad, einem Vegetarier, das Event vorzubereiten, wodurch wir auf die vielen
unterschiedlichen Fragen der Teilnehmer antworten konnten. Dankeschön, Sadjad!
Es hat sehr viel Spaß gemacht, die Veranstaltung mit dir zu machen. ^_^

DSC04381.jpg

さて、「ベジタリアン」と「ビーガン」は何でしょうか。「ベジタリアン」と「ビーガン」は
どちらも生き方と食生活で、「ベジタリアン」は肉と魚を食べない人で、「ビーガン」は
肉も魚も乳製品も蜂蜜も卵も食べない人のことです。その人たちの中には色々な
動機があります。例えば、環境保護、動物を守るため、肉の味があまり好きではない
などです。
Also, was sind denn nun „Vegetarier“ und „Veganer?“ Unter „Vegetarier“ und „Veganer“
versteht man eine Lebensweise sowie Ernährungsart, wobei Vegetarier kein Fleisch und
keinen Fisch essen und Veganer sowohl kein Fleisch, Fisch, Milchprodukte, Honig sowie
Eier zu sich nehmen. Dafür gibt es unzählige Motive und Gründe. Zum Beispiel Umweltschutz,
Tierschutz oder das man den Geschmack von Fleisch nicht mag.

DSC04389.jpg

更に、ビーガンの食品について話しました。肉、チーズ、卵の代わりに沢山の食料があって、
特に大豆で作っている食品がよく食べられています。イベントでも参加者の皆さんに大豆で
作られた「サラミ」と「レバー・ソーセージ」を配りました。本当に肉の味がして、私もびっくりしました。
Darüber hinaus haben wir auch über vegane Lebensmittel gesprochen. Als Ersatz für Fleisch,
Käse und Eier gibt es zahlreiche Nahrungsmittel, wobei insbesondere Sojaprodukte oft verzehrt
werden. Auch bei unserem Event haben wir an die Teilnehmer Sojaprodukte verteilt, wie eine
„Veggie Salami“ und ein „Leberwurst Soja-Aufstrich.“ Es hat wirklich nach Fleisch geschmeckt,
was mich sehr überrascht hat.

DSC04391.jpg

その他にも、パンに付ける「カレー・マンゴ・パパイヤ・クリーム」と「北海道かぼちゃのクリーム」
と「レッドビートのクリーム」を紹介しました。皆さん、どれが一番気に入りましたか。最後に
せんべいに似ている「スペルト小麦とポピーのスティック」と「スペルト小麦のチョコクッキー」
も試食してもらいました。
Zuästzlich haben wir auch drei Brotaufstriche vorgestellt, „Curry-Mango-Papaya“,
„Hokkaido Kürbis“ und „Rote Beete.“ Welcher hat euch am besten geschmeckt?
Zuletzt gab es dann noch „Dinkel-Mohn-Sticks“, die etwas den japanischen „Senbei“-
Reiscrackern ähneln, und „Dinkel-Schokokekse.“

DSC04380.jpg

日本でビーガン料理と野菜料理を中心にしたレストランを開いている方も来て下さって、
とても嬉しかったです。「オリエンタルベジタリアン」という言葉を初めて聞いて、私も大変に
勉強になりました。このイベントが大成功して良かったです。ドイツはソーセージとビールだけ
ではないことをもっと伝えたいと思います!では、また次のイベントで会いましょう。^_^

DSC04404.jpg

Worüber ich besonders glücklich bin ist, dass sogar Teilnehmer mit dabei waren, die in
Japan ein veganes Restaurant betreiben oder sich Gemüsegerichte als Schwerpunkt
ausgesucht haben. Dadurch habe ich auch viel dazu gelernt, wie zum Beispiel das Wort
„oriental vegetarian.“ Ich bin sehr froh, dass dieses Event zu einem vollen Erfolg geworden
ist. „Deutschland bedeutet nicht gleich Wurst und Bier!“, das möchte ich auch in Zukunft
weitergeben. Bis zum nächsten Event! ^_^

カタリン
Kathrin
スポンサーサイト
  1. ドイツについて
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ベルリンCafeトーク&ベルリンマルクト   Berlin Cafe Talk und Berlin Markt :: 2014/12/02(Tue)

DSC06472.jpg


Die Adventszeit hat ja mittlerweile begonnen und in Deutschland ist man jetzt schon fieberhaft auf der Suche nach den letzten Geschenken. In Japan kann man da ja ein bisschen entspannter sein, trotzem ist es schön, ein paar Kleinigkeiten an Familie und Freunde zu verschenken.
Am vergangenen Sonntag gab es bei uns in den Räumlichekeiten der JDG die Gelegenheit,
Rares und Modernes aus Deutschland zu erstehen. Frau Tanaka vom Berlin-Shop „Gemütlich“
und Frau Kubota, Autorin und Betreiberin des Ladens „Amsel“ luden bei uns zum „Berlin Talk“ ein. Ich, als Berlinerin war auch eingeladen. Bei deutschem Tee, Kaffe und Keksen erzählten die beiden von ihren Berlinerlebnissen. Dabei gab es auch einige lustige Anekdoten
über deutsch-japansiche Kulturmisverständnisse zu hören. Zum Schluss haben wir alle
unsere Top 3 Orte in Berlin vorgestellt. Sicherlich gibt es aber noch viel mehr zu sehen,denn
Berlin ist immer eine Reise wert.


DSC06493.jpg

DSC06481.jpg

DSC06517.jpg


ようやくアドヴェントが始まりました。ドイツでは、人々が焦りながら店から店を回って、クリスマスプレゼントを探す時期でもあります。日本ではクリスマスはそんなに大事な行事ではないから、家族や友達全員にいいプレゼントを見つけなくてはいけないというストレスが比較的なく、親しい友達にちょっとした物を選ぶのは悪くないですね。

アドヴェントの時期にばっちりのタイミングで、今週の日曜日に日独協会でドイツの雑貨を購入できるチャンスがありました。蚤の市のレアなものから、現代的なものまで様々な雑貨が揃っていました。今回この『ベルリンマルクト』を主催したのは、吉祥寺にあるドイツ雑貨店「ゲミュートリヒ」のオーナー田中さんと、ベルリン在住でライターとして活動するほかに「アムゼル」雑貨店を運営する久保田さんです。

『ベルリンマルクト』は第二部で、午前中に第一部『ベルリンCafeトーク』を行いました。ベルリン人である私も参加させていただきました。ドイツからのお茶やコーヒーを飲んで、クッキーを食べながら、田中さんと久保田さんがベルリンで体験した珍エピソードを語りました。
ピンチや日独文化の勘違いの面白い話も聞かせてくれました。それから、田中さんと久保田さんと私で個人的な「ベルリンTOP3」を紹介しました。結構穴場なところがありましたが、それ以外にも色々魅力的なところがありますので、ぜひベルリンに来て、ご自分で体験してみて下さい。

DSC06601.jpg

DSC06591.jpg

DSC06590.jpg



In letzter Zeit ist Berlin immer schicker und teurer geworden. Es gibt viele Läden, die sich auf kleine Modelabels und Zakka spezialisiert haben. Das Wort Zakka, kann überigens seit kurzem auch in Deutschland benutzen. Es bezeichnet schicke Kleinigkeiten, die manchmal praktisch manchmal dekorativ, den eigenen Stil unterstreichen sollen. So ein Wort gab es bisher im
Deutschen nicht, weshalb man immer mehr das japanische Zakka benutzt.
Die vielen Besucher und Stammkunden von „Gemütlich“ und „Amsel“ die bei der
Veranstaltung und Verkauf dabei waren, zeigen jedenfalls dass es durchaus Käufer für deutsches Zakka
gibt.

ベルリンは最近、とてもオシャレな街になりました。小さなレーべルや雑貨の専門店も増えてきました。ちなみに「雑貨」という言葉はいままでドイツ語には存在していなかったので、日本語の「Zakka」という言葉がそのまま使われています。満員のトークイベントや盛況の『マルクト』を見て、日本でもドイツの雑貨に興味を持つ方がたくさんいるという印象を持ちました。


DSC06609.jpg


Malin
  1. ドイツについて
  2. | comment:1

2014年ドイツフェスティバル    Deutschlandfest 2014 :: 2014/11/05(Wed)


Einige Tage sind nun seit dem großen Deutschlandfest im Aoyamapark vergangen und es ist langsam kalt geworden in Japan.

ドイツフェスティバルから数日が過ぎて、少しずつ寒くなってきましたね。

DSC05938.jpg


Vier Tage lang herrschte im Aoyamapark augelassene Oktoberfestathmosphäre bei deutscher Musik und zahlreichen Spezialitäten wie Bratwurst, Brezel und Bier. Auch deutsche Unternehmen und Produktstände waren vertreten.

ドイツフェスティバルが10月31日から11月3日までの4日間、青山公園で行われました。ドイツビールはもちろん、ドイツ音楽、パンやソーセージなどの販売もあって、オクトーバーフェストのような雰囲気でした。ドイツの企業やメーカーのブースもありました。

DSC05799.jpg

Natürlich durfte unser Stand von der Japanisch-Deutschen Gesellschaft da nicht fehlen! Als wohl einziger Stand mit original deutscher Dirndl (und Lederhosen-) besetzung, stellten wir die JDG vor,
verkauften Umlaut-kun Merchandise und veranstalteten jeden Tag einen anderen Workshop.
Nach den eröffnenden Worten des Deutschen Botschafters am Freitagabend, drohte das Festival durch den starken Regen am Samstag kurzfristig buchstäblich ins Wasser zu fallen, dies wurde aber durch strahlenden Sonnenschein am Sonntag und Montag wieder wett gemacht. Wir freuten uns sehr über die zahlreichen Besucher an unserem Stand. Auch unsere Workshops schienen gut anzukommen. Besonders beliebt war unser Clearfile und die original Umlaut -tasche. Viele Umlaut-goods waren am dritten Tag sogar schon ausverkauft.

DSC05565.jpg


DSC05939.jpg


DSC05594.jpg






もちろん、日独協会のブースも欠かせない存在です。
日独協会は、南ドイツの民族衣装「Dirndl」(そして Lederhosen)を着たドイツ人がサービスする唯一のブースで、フェスティバルの4日間、協会活動を紹介したり、Umlautくんのオリジナル・グッズを販売したり、毎日違うワークショップを行ったりしました。
31日にドイツ大使の開会の挨拶で始まったフェスティバルは翌日11月1日は大雨にあってしまいました。その代わり、2日、3日は良く晴れて、入場者がたくさん来ました。日独協会のブースにもたくさんのお客さんが来てくれて嬉しかったです。ワークショップも楽しんでいただけたようです。日独協会のグッズでは、特にクリアファイルとUmlautくんのエコバックが人気でした。
お陰さまで、エコバックは完売しました。

DSC05575.jpg


DSC05615.jpg



DSC06076.jpg

DSC05762.jpg


Als Berlinerin bin ich es eigentlich nicht gewohnt, ein Dirndl zu tragen, aber mit einer Saison auf dem Berliner Oktoberfest hatte ich zumindest ein kleines bisschen Übung. Eine Premiere für mich war es allerdings, im Dirndl auf der Bühne zu tanzen. Zwei Tage in Folge führten wir vom JDG Dance- Team Klassiker wie „Ententanz“, „Das rote Perd“ oder den „Fliegersong“ auf, die auf keiner deutschen Party fehlen dürfen. Anschließend gab es mit allen zusammen eine große Polonaise.

DSC05845.jpg

DSC05555.jpg

DSC06039.jpg


DSC05874.jpg



「ベルリン人」として、「Dirndl」を着る機会は普段あまりないのですが、ベルリンのオクトーバー・フェストでバイトした時に、少し予行練習しました。それでも「Dirndl」を着てステージで踊ることはまったく新しい体験でした。フェスティバルの間、2回もステージに上がり、「JDG‐Dance」チームとして、ドイツのパーティに欠かせない「チキン・ダンス」、「赤い馬」や「フリーガーソング」で雰囲気をもり上げました。最後は一緒に「Polonaise」をやりました。


Die vier Tage Deutschlandfest waren wirklich sehr intensiv und es gab viel Programm. Mir hat es großen Spaß gemacht! Auch das Deutsche Essen auf dem Fest war wirklich lecker und hat mich sehr an zu Hause erinnert. Ich fand es interessant und schön zu sehen, wie viele Menschen sich hier für Deutschland und die Deutsche Kultur interessieren. Viele sind extra zu diesem Anlass angereist und ich hoffe Sie hatten alle eine schöne Zeit!

DSC05895.jpg

DSC05546.jpg


4日間、プログラムや体験が多くてとても楽しかったです。フェスティバルで久しぶりにドイツの食べ物を食べられて、本当に懐かしかったです。ドイツのことに興味を持つ方があんなに多くいると知って感動しました。皆さんもフェスティバルを楽しく過ごせたとしたらうれしく思います。





Malin

DSC05885.jpg





  1. ドイツについて
  2. | comment:0

「ドイツ・クイズ大会」決勝 2014年 ドイツ文化センター Deutschlandquiz 2014 :: 2014/09/29(Mon)

「ドイツ・クイズ大会」決勝 2014 ドイツ文化センター
Das Finale des großen Deutschlandquiz 2014

2014年9月12日、東京ドイツ文化センターで、ドイツについての知識を問うクイズ大会の決勝が開催されました。
日独協会から出原理事と私もオーディエンスとして参加しました。
Am 12.9.2014 war das Finale des großen Deutschlandquiz im Goethe-Institut Tokyo.
Auch wir von der JDG haben als Zuschauer daran teilgenommen.

IMG_5595.jpg

IMG_5634.jpg


マウスも決勝に進んだ6人を応援しに来ていました。また、ドイツ風のパンやブレーツェル、ドイツのワインとビールが
出て食べたり、飲んだりしました。
Die Maus war auch da und feuerte die sechs Finalisten an. Auch leckere Brötchen und
Bretzeln sowie deutschen Wein und deutsches Bier gab es!

IMG_5596.jpg

たくさんの オーディエンスが来ていましたので、ドイツ人として嬉しかったです。 クイズの質問はドイツ人にとっても
たまに難しかったですが、謎々は楽しかったです。回答者も頑張りましたね。
Es sind sehr viele Zuschauer gekommen, was mich als Deutsche glücklich gemacht hat.
Die Fragen waren teilweise sehr schwierig, aber das Rätseln machte Spaß. Auch die
Finalisten strengten sich an.

IMG_5646.jpg

ファイナリストの皆さんは年齢・学習レベルもバラバラでしたが、健闘していました。
Die Finalisten, die Deutsch sprechen können und an Deutschland interessiert sind, kämpften ungeachtet ihres Alters und ihres Wissenstandes gegeneinander.

IMG_5684.jpg

IMG_5698.jpg

今晩のコメンテーターはテレビ・ラジオなどで活躍しているタレントのサッシャさんとマライ・メントラインさんでした。
Moderatoren des Abends waren Sasha und Marai Mentlein.

IMG_5654.jpg

とても楽しみました!ファイナリストのドイツについての知識は素晴らしかったです。ビックリしました!
Es war super. Die Finalisten hatten ein großes Wissen über Deutschland. Ich war
richtig erstaunt.

アニャ
Anja
  1. ドイツについて
  2. | comment:0

ドイツの小説 『犯罪』 :: 2012/05/07(Mon)

皆さん

ゴールデンウィークはあっという間に終わってしまいましたが、どんな風に過ごしましたか?

さて、今日は、現在日本でも話題のドイツの本の紹介です。
「全国書店員が選ぶ 本屋大賞」の翻訳小説部門で大賞に輝いた作品『犯罪』(東京創元社 原題『Verbrechen』)。
もうすでに読みましたか?

犯罪     

この『犯罪』は弁護士でもあるフェルディナント・フォン・シーラッハの短編集です。ミステリのコーナーに並んでいますが、主人公が謎解きをするようなミステリーではないのです。
どちらかというと、読んでいる私たちが「人間はなぜそんなことしちゃうんだろうか。」とか「人間って哀しいな~」とか「人間の生き様の謎」について考えさせられる短編集という感じです。
一つ一つの話を読むたびにジワーッと静かな感動につつまれる、そんな本なのです。

ドイツ人スタッフTさんが『犯罪』を読んだ感想を語ってくれたので、ここにご紹介します。

「私が『犯罪』を手に取った時は、もうこの小説がかなり話題になっていたので、すごく期待をして読み始めましたが、期待以上の内容でした。何故かというと一つ一つの小説が私の中にショックや、疑問、歓び、ある種の気持ち悪さといった、様々な感情をわきおこしたからです。

法律の前には一言で「犯罪者」とされてしまう人々の中に、その犯罪をおこすまでの経緯に共感が持てる人もいればまったく理解できない人もいるし、犯罪にならなくてもモラルに反しているものもある。
読みながら、人間の「モラル」についても深く考えさせられました。」

ちなみに『犯罪』に続いて翻訳出版された『罪悪』も、犯罪にならなかったとしても「罪」なのではないか?などと更に深く考えさせれる内容です。

シーラッハの小説はすぐにその物語の世界に引き込まれ、気づくとどんどん読み進めてしまいますが、その世界を日本語で忠実に表現してくれている酒寄進一さんの翻訳も素晴らしいのです。
5月21日に日独協会主催で酒寄進一さんによる講演会「ドイツミステリ翻訳事情」を開催します。シーラッハとも親交深く、他にも「ネシャン・サーガ」シリーズなど数多くのドイツ小説の翻訳で活躍されている方のお話をきく絶好の機会ですよ!

『犯罪』をすでに読まれた方も、これから読む方も、ドイツ小説、ミステリ、翻訳の世界に関心をお持ちの方も、ぜひ奮ってご参加ください!ドイツミステリの世界、翻訳の裏側などについてたっぷりとお話を伺います!

講演会の詳細についてはコチラ


最後に『犯罪』のカバーに書かれている宣伝文を掲載します。関心をもたれたらぜひ読んでみてください!

「一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者の一家の息子。羊の目を恐れ、眼球をくり抜き続ける伯爵家の御曹司。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。 -魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。

高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短編集。ドイツでの発行部数四十五万部、世界三十二か国で翻訳、クライスト賞はじめ、数々の文学賞を受賞した圧巻の傑作!」

s-Verbrechen.jpg




  1. ドイツについて
次のページ