(財)日独協会 事務局Blog





子供の音韻 / Ein Kinderreim :: 2010/08/06(Fri)

                        

一週間もご無沙汰しておりまして、申し訳ないです。
Den heutigen Artikel gibt es wieder nur auf Japanisch, da er sich mit der deutschen Sprache befasst.
皆さん、お元気ですか。最近、怪我しましたか。もし、そうであれば、この魔法が効くかもしれません。

(独)
Heile, heile, Kätzchen,
Kätzchen hat vier Tätzchen,
Kätzchen hat 'nen langen Schwanz,
morgen ist (Name)s (verletztes Körperteil) wieder ganz!
(例> morgen ist Tabeas Knie wieder ganz!)

(訳)
治せ、治せ、猫ちゃん、
肉球が四つの猫ちゃん、
長い尻尾の猫ちゃん、
明日までには(名前)(怪我した体の部分)は治ります。
(例> 明日までにはタベアの膝は治ります)

全く意味のない韻のようにみえますね。でも子供の頃、よく言われましたので、頭から離れません。今も時々、友達が怪我したら、怪我の上に手で円を描きながら言っちゃいます。(笑)だって、本当に効くわよ!

ちなみに、Kätzchen(子猫)やTätzchen(小さな肉球)のように言葉をより可愛くする語尾をご存じですか。日本語の「ーちゃん」や「小」と似ている使い方です。母音はUmlautになりますが、「chen」と「lein」で二つの語尾があります。でも使い分けはまた暗記しないといけないです。

(猫)Katze - Kätzchen 
(犬)Hund - Hündchen 
(兎)Hase - Häschen 
(鳥)Vogel - Vög(e)lein 

(家)Haus - Häuschen 
(本)Buch - Büchlein 
(キス)Kuss - Küsschen 

まぁ、基本的に言えば、「chen」の方が多いですよね。
ところで、動物や物だけではなく、人の名前にも付けられます。そして、特に東プロシアの人はそれを頻繁に使います。甘えん坊の私は、おじいさんによく「Tabealeinchen」と呼ばれました。(笑)めっちゃ長くなりますね。(笑)

 ブログの色んなカテゴリーを作って、ブログを整理しましたので、是非右の方をクリックして、過去記事も再読してくださいね。

良い週末を!♪

                      
スポンサーサイト
  1. ドイツ語