(財)日独協会 事務局Blog





天気諺: Altweibersommer :: 2010/10/07(Thu)

                   

皆さん、こんにちは!

今日もかなり暖かいですね。晴れ(後少し曇り)、25℃・・すげー気持ち良い天気ですよね!ドイツ語ではこういう小春日和っぽい天気はAltweibersommerと言います  

明日どうなるのでしょうか? ドイツ語のことわざによると

Altweibersommer - dann wird der Herbst trocken.
小春日和かい? 秋は雨が降らない。

・・このいい天気が続きます。

まぁ、本当かな? ドイツ語ならこういうBauernregelnという天気諺が沢山あります!例えば・・・

Wenn die Schwalben tiefer fliegen, werden wir bald Regen kriegen.
ツバメが低く飛ぶと、雨が近い。

あとは

Wind in der Nacht - am Tage Wasser macht.
夜に風が吹くと、日中は雨が降る。

それじゃ、これからどんな天気になるのでしょうか?10月9日を予想してみましょう。天気諺によって、10月9日の天気が雨なら・・・

Regnet's an St. Dionys, viel Regen und Schnee im Winter gewiß.
Dionys (10月9日)に雨が降ると、冬は必ず雨と雪が多い。

(昔、10月9日の日はSt. Dionysと呼ばれていたらしいです。パリのディオニュシウスというキリスト教の殉教者の記念日からです。)

さ、どうなるのでしょうか? 雨なら本当に厳しい冬になるのかな?

・・・・

まぁね ・・・

とにかく良い天気が続くといいですね!

                    
スポンサーサイト
  1. ドイツ語
  2. | comment:0
<<Schwäbisch für Anfänger | top | Baden-Württembergの州と州民>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する