(財)日独協会 事務局Blog





びっくりするドイツ語~語源シリーズ☆Kleine Wortherkunftskunde :: 2010/11/05(Fri)

Den heutigen Beitrag gibt es nur auf Japanisch, da er sich mit der deutschen Sprache befasst und für Muttersprachler vermutlich eher uninteressant wäre

                        

今回は、昨日のハローウィーンの話で思い浮かんだ言葉を紹介したいと思います。皆さん、「Hexenschuss」というドイツの言葉を知っていますか?(笑)

日本語に翻訳すれば、「魔女の一撃」となりますが、どういう意味でしょうか?

① お菓子の名前?
② カーニバルの紋章?
③ 腰痛?

正解は・・・





3番です。

腰痛は、ドイツ語でよく「Hexenschuss」と言います。中世時代から使われる表現らしいですが・・・ なぜ「魔女の一撃」という表現が腰痛と関係あるのでしょうか?

実は、「Hexenschuss」という言葉は、ただの腰痛じゃなく、「急に出てくる腰痛」という意味です。つまり、日本語でぎっくり腰みたいな感じですね。中世時代から、この急に背中から足まで感じられる痛みは「魔女の一撃」が原因だと人々は思っていました。このイメージで、昔から「Hexenschuss」と呼ばれるようになりました。

面白いですね! これから時々、こんな感じでドイツ語の語源について説明したいと思います

では、またね♪良い週末を~!
 
                        

スポンサーサイト
  1. ドイツ語
  2. | comment:0
<<Backkurs ドイツのクリスマスのお菓子作り教室 レポート! | top | ハローウィーン対St. Martin>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する