FC2ブログ

(財)日独協会 事務局Blog





 ドイツ語圏映画サークル遠征編「ソウル・キッチン」 :: 2011/01/24(Mon)

                         

皆さん、映画に興味を持っていますか?というより、ドイツシネマはいかがでしょうか?

ついに、先週土曜日、1月22日から、ヴェネツィア国際映画祭を受賞した2009年のドイツコメディ映画『ソウル・キッチン』の公開が始まりました!

『ソウル・キッチン』は、簡単に言えば、ハンブルクのレストランと、その店に集う人々についての心暖まる話で、ファティ・アキン監督の故郷ハンブルクへの愛に溢れている映画です。ファティ・アキン監督は、2004年『愛より強く』(ドイツ語で、『Gegen die Wand』)という映画でさまざまな賞を受賞してドイツだけじゃなくヨーロッパ中で有名な監督になりました。トルコ移民二世としてハンブルクに生まれて、現在のドイツシネマを代表する監督というだけではなくて、多文化の背景を持つ人々がたくさんいるドイツの現代社会を描きだしていることでも知られています。「Migration」と「Integration」を映画のテーマにすることで、こういう問題に注目させますので、去年のドイツ統一の日には連邦大統領ヴルフからドイツ連邦共和国功労勲章を貰いました。

いかがでしょうか?もし興味を持ったら、是非当協会のイベントに参加してみて下さい!

「みんなで『ソウル・キッチン』を見に行こう!」

日程:   2011年2月15日(火) 18:30~21:00、渋谷シネマライズ
集合:   18:30 渋谷パルコパート1の入口(スペイン坂方面)
       ※ 映画の上映時間は19:00となります。

会費:   1000円(映画チケット代のみ)
       ※ 2月14日に、人数分のチケットを買う予定ですので、必ず事前にお申し込みいただき、当日チケット代をお支払い下さい。
       ※ 映画館やカフェでの飲食等は実費で直接お支払い下さい。
 
内容:    ○ みんなで『ソウル・キッチン』を見る
       ○ 映画後、近くにある「カフェ人間関係」でコーヒーを飲みながら映画の感想を話し合う
 
お申込み: 必ず2月14日(月)の13時までにメールでお願いいたします。

では、皆さんのご参加を楽しみにしておりま~す♪

                         


スポンサーサイト



  1. その他イベント
  2. | comment:0
<<1月のシュプラッハ・カフェ Sprachcafe im Januar | top | 諺の時間その④ / Zeit fuer Sprichwoerter Teil 4>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する