(財)日独協会 事務局Blog





Max Raabe & Palast Orchester 2009 :: 2009/06/12(Fri)

皆さん、こんにちは!

今日は今年で3度目の来日公演を行う「Max Raabe & Palast Orchester(マックス・ラーベと12人の多才な楽士たち」をご紹介したいと思います!

彼らは、1920年代、30年代のドイツの流行歌や風刺のきいたシャンソンを当時の雰囲気そのままに演奏し、独自の音楽スタイルで演奏活動をしています。 ラーベさんはニコリともせずたんたんと歌いますが、それとは対照的に声の表情は多彩で、コミカルな曲、ブラックユーモアのきいた風刺小唄から、Kurt Weil(「三文オペラなどの作曲家)のバラードまで、その曲にあった表現で、たっぷりと聞かせてくれます。 ラーベさんの声はとっても美しいです。

彼らのコンサートに行くと、まるで1930年代のベルリンのクラブにいるような気分になってしまいますよ。まさに「ドイツの大人の夜の楽しみ方」を味わえます。

ラーベさんが自身で作詞作曲した「Kein Schwein ruft mich an」(1992年)はドイツとオーストリアで大ヒットし、多くの人が留守電に収録したり、携帯電話の着信メロディーとして使ったそうです。タイトルを直訳すると「豚は私に電話しない」ということですが、この曲は「電話が鳴らないと淋しい」ということをユーモアたっぷりに歌っています。
今ではドイツのみならず、ニューヨークのカーネギーホールを始めとして、世界各地で公演を行っています。どこかノスタルジックであたたかな彼らの音楽は、国を問わずファンを増やしているようです。

公演の詳細や、ライブの映像は彼らを日本につれてきたイッセー尾形さんのWebサイトでご覧いただけます。

日独協会からもお勧めの曲「Rinderwahn(訳して『狂牛病』」と、大ヒット曲「Keiner Schwein ruft mich an」を紹介します。ぜひ見てみてくださいね。(曲のタイトルをクリックするとYou Tube画面に跳びます)

日独協会の会員の方は、会報誌5月号に挟み込まれていた申込用紙でお申込いただくと、優待価格でチケットをお求めいただけます!この優待チケットのお申込期限は6月20日です。売り切れ御免なので興味のある方はお早めに~。

日独協会スタッフもこのコンサートを楽しみにしていますルン



「イッセー尾形が連れてきた!
MAX RAABE & Palast Orchester 2009」 東京公演

日程: 2009年7月25日(土) 夜公演 19:00開場 / 20:00開演
     2009年7月26日(日) 昼公演 14:00開場 / 15:00開場
会場: 日経ホール
東京都千代田区大手町1-3-7 日本経済新聞社3階
料金: 全席指定5,000円
    (日独協会会員は4000円の特別価格となります。会報誌5月号にはさみこんである
    チラシでお申込ください。)
主催: 日本経済新聞社、イッセー尾形・ら(株)
お問い合わせ: 03-3702-8468(森田オフィス)
 
スポンサーサイト
  1. その他イベント