FC2ブログ

(財)日独協会 事務局Blog





ドイツ・オーストリアの秋の味覚、 フェダーヴァイサー/シュトルムを味わおう :: 2017/11/21(Tue)

20171119Federwi-er1.jpg


フェダーヴァイサーという飲み物は日本でなかなか飲めないですが、
ドイツ人は毎年フェダーヴァイサーを飲める短い期間を楽しみしています。
フェダーヴァイサーはワインになる手前の発酵途中のお酒です。
発酵し続けているので、時間の経過とともにアルコール度数も上がり、
味が変化していきます。アルコール分は4~11パーセントとけっして
低くはないのですが、フルーティーでフレッシュ、微発泡で口当たりが
良いため、ジュースのようにぐいぐい飲めてしまいます。8月中旬~10月
初旬という季節限定の上、常に発酵し続けているため、密封できず、
長期保存や長距離輸送ができないことから, ワイン産地じゃなければ
日本であんまり味わうことは難しいです。

20171119Federwi-er12.jpg

20171119Federwi-er3.jpg


今年の11月19日に約50人の
参加者が日独協会で一緒に山形にある月山トラヤワイナリーさん
フェダーヴァイサー(白)とフェダーローター(赤)を飲んだり、
手作り玉ねぎケーキを食べたりしました。一日でそんなに「美味しい」という
言葉を聞くのは初めてでした。一瞬のうちに空き瓶だらけになり、
話しが盛り上がりました。ドイツ人にとってフェダーヴァイサーと
玉ねぎケーキは秋の一つのハイライトですが、当たり前の物なので
日本人ほど興奮はしません。とても素敵なイベントでした。(ミリアム)

20171119Federwi-er4.jpg

20171119Federwi-er5.jpg
スポンサーサイト
  1. 日本の中のドイツ