FC2ブログ

(財)日独協会 事務局Blog





ドイツ語講師インタビュー 加藤 卓先生 :: 2018/12/05(Wed)

加藤先生

担当クラス
ドイツ語特許翻訳講座

出身地
三重県四日市です。大学は早稲田の理工応用物理学部に進学しました。上京したとき東海道線から国会議事堂が見えました。本でしか知らない建物をはじめて実際に見て、びっくりして眠れませんでした。
ドイツ語は大学の第二外国語で学んだのですが、大手メーカーに就職すると、英語やドイツ語の特許明細書を読む担当になり、そのうちドイツ語の文書はいつも自分にまわってくるようになりました。たくさんの明細書を読み、何が書かれているかを把握して報告しなくてはなりませんでしたので、この時期に読解力が鍛えられたと思います。仕事をしながら学び続け弁理士試験にも合格することができました。(編注:当時は合格率2%の難関だったそうです。)

ドイツでの就職とカルチャーギャップ
20代の後半にドイツで働いてみたい、と思いミュンヘンのSiemens社に直接応募。運よく1年契約で採用され、1974年に渡独しました。職場ではドイツの特許庁へ提出する書類、意見書なども作成しました。よく使われる言い回し、表現は過去の書類を真似しながら現場で覚えていきました。
ドイツでは残業がほとんどなく、ドイツ人の同僚は、午後3時から4時なると帰宅し、金曜日の勤務も昼までで、家族で過ごす時間がたくさんあるのが驚きでした。また、同僚の歓送迎会や誕生会は勤務時間内に行われ、それぞれの個室に同僚たちが招待され、乱れ騒いでいて衝撃を受けました。
帰国後は独立し、ボッシュ、アグファなどの特許出願代理から、翻訳、クライアントとのコレポンまで全てに関わってきました。

プライベート
山登りが好きで、2つの登山クラブに入っています。奥多摩、秩父、高尾山などに良くいきます。また、『古事記』を読む読書会にも参加していますが、7世紀によくもまあ、このような深い味わいの文章が書けたものだと驚くことばかりです。外の言語を学んではじめてわかる日本語の素晴らしさがあります。

語学学習で大事だと思うこと
まねをすること!話すのも書くのも、ネイティブのまねをする。多読などで量に触れることも必要です。読解力を伸ばせば、書く力や話す力につながります。

ドイツ語特許翻訳講座で学ぶこと
それぞれの言語のもつ違いを知り理解して結びつけるためのスキルを身に着けていきましょう。翻訳は達成感のあるおもしろい作業です!ドイツ語で翻訳できる人はまだまだ少ないので、今後様々な点で有利になるかと思います。

ドイツ語学習者に一言
「特許」だけではなくて、古典や文学作品を読み、他のたくさんの世界を見ることで特許もわかるようになる、英語をやることでドイツ語も上達する、スランプになったら他の世界を見て、帰ってくると限界を突き破ることができる、と信じています。狭い世界に閉じ籠らないようにしましょう。
いろいろな言語を学び、いろいろな文化、メンタリティを学ぶことは人生を豊かにします。

スポンサーサイト
  1. ドイツ語講師