(財)日独協会 事務局Blog





2017年の振り返りと2018年の抱負 Jahresrückblick 2017 und Vorsätze für das Jahr 2018 :: 2018/01/10(Wed)

12月のSprachcafeで12人の参加者と2017年の振り返るごとができました。
ドイツなら「Jamaika-Aus」という言葉が「2017年の言葉」で一番になり、
ドイツ人が選挙にかまけたということを指しています。政治家にとっては
2017が複雑な一年だったかもしれませんが、ある人にとって2017年は
大成功でした。ドイツ連邦議会の決定で10月の1日から同性婚を
認められました。「Ehe für alle」(皆にとっての結婚)という言葉は「Jamaika-Aus
の次に「2017の言葉」の二番です。ドイツが結婚の意味を広げることを
できたという自負は、ドイツ人が2017年にグーグルで何を調べたかが
分かると消えてしまいます。グーグルで一番よく調べられた場所は
「Manuel Neuerはどこで結婚をしたか」でした。これより重要な
場所はねいのでしょうか。テレビ番組ならDschungelcampという番組が勝ちました。
(知りませんか?しらないほうがラッキーです!)。
参加していただいた、また2017年の個人的な体験や2018年の抱負を
教えていただいた方、誠にありがとうございます。
一年間のとてもいい終わりでした。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


20171222.jpg

Im Dezember Sprachcafe durfte ich mit 12 Teilnehmern einen
Rückblick auf das Jahr 2017 werfen. Was Deutschland betrifft
so zeigt „Jamaika-Aus“ auf Platz eins der Wörter des Jahres 2017
was die Deutschen im letzten Jahr beschäftigt hat: die Bundestagswahl.
War das Jahr 2017 in diesem Sinne für die Regierung ein schwieriges,
war es für Andere ein großer Erfolg. So wurde nach einem
Bundestagsbeschluss vom 30. Juni, am 01. Oktober 2017 die Ehe für
gleichgeschlechtliche Paare geöffnet. „Ehe für alle“ steht nach
„Jamaika-Aus“ auf Platz zwei der Wörter des Jahres. Das Gefühl
von Stolz auf Deutschland, dass es im letzten Jahr endlich geschafft hat die
Bedeutung von Ehe zu erweitern hält mit Blick auf die Google-Suchanfragen
2017 jedoch nicht lange an. Die meist gegoogelte Wo-Frage ist nichts
wichtigeres als „Wo hat Manuel Neuer geheiratet?“. Als meist gegoogelte
TV-Show hat das Dschungelcamp das rennen gewonnen. (Sie kennen das
Dschungelcamp nicht? Sie Glückliche/r!).
Des weiteren möchte ich mich bei den Teilnehmern für die
persönlichen Einblicke in das vergangene Jahr,
sowie das Teilen von Wünschen für 2018 bedanken. Es war ein schönes
Ende für 2017.

Ich wünsche Ihnen ein frohes neues Jahr und freue mich auf weitere
gemeinsame Gesprächsrunden.
  1. シュプラッハカフェ

祭りと象さん :: 2017/12/05(Tue)

201711291.jpg

11月のSprachcafeで14人の参加者とドイツの祭り、つまりカーニバル、
バレンタイン、イースター、クリスマスとお正月、またドイツ人はどうやって
お祝いをするのかということについて話しました。二人のドイツ人スタッフが
自分の経験を伝え、地域によってお祝いすることがけっこう違うと
分かりました。ドイツと日本を比べたらバレンタインとクリスマスの国による
違いが一番面白かったです。ドイツではホワイトデーや義理チョコがなく、
クリスマスケーキもありません。ドイツ人としても自分の国についても色々
勉強になりました。例えばドイツのクリスマスツリーはクリスマス後に象さんに
餌としてあげられています。ドイツの動物園でも珍しい象さんにとって820万
のドイツ人からもらうツリーは多すぎて食べられないでしょう。(ミリアム)

201711292.jpg

Im November Sprachcafê sprachen wir mit 14 Teilnehmern über deutsche
Feste, genauer gesagt über Karneval, Valentinstag, Ostern, Weihnachten
und Neujahr und wie diese Feste in Deutschland gefeiert werden. Hierbei
berichteten zwei Deutsche aus ihrer persönlichen Erfahrung und schnell
wurde klar, dass es regional große Unterschiede gibt. Auch sprachen wir über
Deutschland und Japan im Vergleich, was besonders im Bezug auf Valentinstag
und Weihnachten spannend war. Die Deutschen haben keinen White Day und
keine Giri-Schoko (Schokolade die man aus Höflichkeit verschenkt) und sie
Essen auch keine Weihnachtstorte.
Sogar als Deutsche lernte ich einiges bei diesem Cafê, auch über mein
eigenes Land, beispielsweise dass Weihnachtsbäume in Deutschland nach
Weihnachten an Elefanten verfüttert werden. Die paar Elefanten die in
deutschen Zoos haben bei ca. 82 Millionen Deutschen bestimmt viel zu Essen!
(Miriam)

201711293.jpg

  1. シュプラッハカフェ

一緒に遊びました :: 2017/11/28(Tue)

20171122Sprachkneipe1.jpg

20171122Sprachkneipe2.jpg


11月のSprachkneipeでは会う約束をするための単語と表現を紹介しました。
覚えることがたくさんありましたが16人の参加者は上手に話すことができました。
最初はドイツ語で「一緒に~に行きませんか/しませんか」という質問と答え方を
練習しました。「今週、来週、再来週」という単語と曜日は神経衰弱ゲームをして
覚えました。時計を見ながら時間を決めること、また待ち合わせする場所を
決めることを学びました。最後の練習でみんなが自由に他の人と、
(勿論練習としてですが)会う約束をしました。
ご参加ありがとうございます。12月もお待ちしております。 (ミリアム)

20171122Sprachkneipe3.jpg

20171122Sprachkneipe4.jpg

20171122Sprachkneipe5.jpg


  1. シュプラッハクナイペ

ドイツ・オーストリアの秋の味覚、 フェダーヴァイサー/シュトルムを味わおう :: 2017/11/21(Tue)

20171119Federwi-er1.jpg


フェダーヴァイサーという飲み物は日本でなかなか飲めないですが、
ドイツ人は毎年フェダーヴァイサーを飲める短い期間を楽しみしています。
フェダーヴァイサーはワインになる手前の発酵途中のお酒です。
発酵し続けているので、時間の経過とともにアルコール度数も上がり、
味が変化していきます。アルコール分は4~11パーセントとけっして
低くはないのですが、フルーティーでフレッシュ、微発泡で口当たりが
良いため、ジュースのようにぐいぐい飲めてしまいます。8月中旬~10月
初旬という季節限定の上、常に発酵し続けているため、密封できず、
長期保存や長距離輸送ができないことから, ワイン産地じゃなければ
日本であんまり味わうことは難しいです。

20171119Federwi-er12.jpg

20171119Federwi-er3.jpg


今年の11月19日に約50人の
参加者が日独協会で一緒に山形にある月山トラヤワイナリーさん
フェダーヴァイサー(白)とフェダーローター(赤)を飲んだり、
手作り玉ねぎケーキを食べたりしました。一日でそんなに「美味しい」という
言葉を聞くのは初めてでした。一瞬のうちに空き瓶だらけになり、
話しが盛り上がりました。ドイツ人にとってフェダーヴァイサーと
玉ねぎケーキは秋の一つのハイライトですが、当たり前の物なので
日本人ほど興奮はしません。とても素敵なイベントでした。(ミリアム)

20171119Federwi-er4.jpg

20171119Federwi-er5.jpg
  1. 日本の中のドイツ

ドイツのレストランやカフェ :: 2017/11/16(Thu)

20171116coffee-2589759__340.jpg

20171116cupcakes-690040__340.jpg


今日は『ドイツに行くか行くつもりがある人のためのドイツ紹介』その2です。
私がドイツで一番詳しい町は長い間住んでいたドルトムントと
デュッセルドルフなので、この辺りの好きなレストランやカフェが今日のテーマです。

ドルトムント
Kitchen Club」というレストランに手作りのケーキ、ウェストファリアの
伝統的なお料理、またクリエーティブなフュージョン料理があります。
メニューは毎週変わりますが、ベジとビーガンの料理はいつもあります。

Eiswerk」のアイスクリームは最高です!材料が100% ナチュラル、
美味しくて、種類もよく変わるので飽きません。定番の味はチョコレート、
いちご、バニラ、サブレー、ライムとミルヒライスのシナモン味です。

Kartoffel-Lord」はベジとビーガンのビストロです。ここにあるのはアラビアらしく
特別なジャガイモ料理です。一番のおすすめは「Arabic」という料理です。

デュッセルドルフ
Sattgrün」はビーガンのチェイン店 です。バイキングでサラダ、スープ
と好きな料理を選ぶことができます。何でも美味しいので毎回悩みます。
デザートのビーガンケーキは食べる価値があります。

デュッセルドルフで美味しいコーヒーを飲みたいなら「Woyton」に
行った方がいいです。 チェイン店だけど、美味しくて、コーヒーと牛乳が
フェアトレード、気持ちの良い雰囲気でゆっくりできます。「Woyton」の
クッキーとケーキもとても美味しいです。

珍しい料理が好きな人はエチオピア料理の「Okra」というレストランを
おすすめします。「Probierplatte」を頼むと色々な料理を食べてみることが
できます。この他「Tej」というエチオピアのビールがあり、はちみつっぽい味で
料理ととても合います。

ピザは「Pizzeria Pinocchio」ですごく美味しいです。
レストランの中が岩窟のように なっていますので、空間も楽しめると思います。

驚きましたか?このブログを書きながらベジとビーガン料理がとても多いということに
気付きました。お肉を食べられない人がレストランを紹介するとそういうもの
かもしれませんが、最近、ドイツではこの手のお店がとっても流行っています。
お肉料理は勿論まだいっぱい食べられているけれど、ベジとビーガンはヘルシーだし、
環境にとって良いと思っている人はどんどん増えてきています。(ミリアム)

20171116pizza-2938753__340.jpg

  1. ドイツについて
前のページ 次のページ